サイトマップ

日頃騎乗時の安全管理に、スタッフ一同細心の注意を払ってレッスンを行っておりますが、動物相手という事もあり、完全には落馬事故を防ぐ事が出来ないのが現状です。

普段はとてもおとなしく、人にも従順な動物ですが、馬は耳、眼、鼻などの感覚が良く発達しているため、人が想像する以上にとても敏感です。その為、聞き慣れない物音や行動を見るとそれに驚き逃げ走るという行動を起こします。当乗馬クラブでは、別の騎乗者の馬が何かに驚き、つられて他の馬も暴れるという、2次災害が多くなりますが、他にも、馬同士がすれ違う時に嫌がり走り出すこともあります。このような咄嗟な行動の時に落馬が生じます。

なぜ落馬を恐れるかというと、落馬によって頸椎・脊髄・腰椎骨折や、下半身不随のような怪我を負った方、最悪の場合は死亡事故につながる可能性もあるからです。当乗馬クラブ内では幸いここまでの酷い事故は起こっておりませんが、決して他人事ではありません。

そこで、乗馬の安全対策を再度検討した結果、平成25年2月1日よりエアーバッグ式乗馬用安全ベストの着用を義務付ける事となりました。体験乗馬のお客様も対象となります。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。